とりはみぎ、いぬはひだり

健康、ナチュラル、パン、焼き菓子、料理など生活全般に関連することを綴ります。乳製品をつかわない無添加焼き菓子 torimigi(

【オフグリッドへの道】備え付けIH調理の卒業・カセットコンロ生活

みなさんこんばんは、とりみぎです。

我が家は一般的な家庭よりも家電が少ない方だと思います。
テレビ、アイロン、炊飯器、掃除機はありません。

ただ、うちはオール電化なのです。(がーーん)

蓄熱の暖房って暖かいから、という理由でオール電化物件への引っ越しを決めたのは約2年前。
オール電化なので、もちろん料理の熱源も電気。IH調理器です。

布ナプキン生活に戻って、生理痛もなく、順調だと思ってきたのですが、初日だけはどうにも不調な日が多く、横になったり、湯たんぽをお腹にあてたり、ときどき鎮痛剤にお世話になることもありました。

そんな頃、何かで目にした電磁波の話。身体の不調との関係も否めないな…IHって関係あるんじゃ…

カセットコンロで料理宣言


▲IHの上にカセットコンロを設置

「IHをやめて、カセットコンロだけで料理しようとおもう!」と宣言しました。
それまで、IHヒーターは3つ口(3つ温めるところがあった)なので、いきなり1つ口のカセットコンロでやっていけるか不安はありました。

やってみたら大変じゃなかった

むしろ、料理の要領がよくなった!
朝ごはん(和食)の場合はこんな感じ

1:ご飯を炊きながら野菜などを切る
2:味噌汁の具材に火を通しながら、おかずの準備
(大体通ったらコンロから下ろし、味噌を溶かずに入れる)
3:おかずを焼く
4:味噌汁をアツアツにする

エネルギーは有限

カセットコンロのガスはなくなります。
でも、ガスを契約していたら、栓をひねれば供給されるので、普段は意識しないものです。
だから、交換頻度を減らすために、ダラダラとつけることはありません。
(IHの頃は微弱1とか2くらいにして、保温していた)

カセットコンロ生活のまとめ

【メリット】
・1つ口でも料理の不便はない
エネルギーのありがたさを感じる
・料理の要領がよくなる
・火を通しすぎないのでごはんが美味しくなった(特にお味噌汁)

【デメリット】
・カセットコンロ用ガスを都度買いに行く必要がある(大体、月に7本使います)
・ガス缶がエコなのか不明
・ガス缶回収の日を逃すと、シンク下にスペースがなくなる

仕事を辞めたのも、カセットコンロ生活にしたのも稲垣えみ子さんから影響を受けました。
もちろん、『寂しい生活』も即買いました!一気に読めるし、最初から最後までずっと面白い本は久しぶりです。

布ナプキン生活について書いた記事もあります。
torimigi.hatenablog.com
torimigi.hatenablog.com



素敵な週末を。