読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【聴いた】野菜を製造する工場=野菜工場in京都

mamemame (5)

とりみぎ菜園の枝豆も毛がフッサフサになり、もうすぐ収穫をむかえられそう!

おみそを作れるくらい大きくなるかしら。

最先端の野菜工場とは

さて、毎朝楽しみにしているトーキョーモーニングレディオで、こんなニュースを聞いた。

1日にレタス2万株を製造

yasaikoujou

 

1日にレタス2万個を収穫できる野菜工場京都府木津市に建設するというニュース。

(ネットで調べてみたら、どうやら3万株製造できるみたい。)

野菜を収穫ではなくて、製造するという表現を聞いて、加工工場ではなくて野菜を育てる方だと気づいた。

製造できる野菜の種類はリーフ系(レタスなど)で、来年から建設を開始し、1年後には工場が完成する。

野菜工場のいいところ(ラジオより)

・人件費を50%削減できる

・製造に使用した98%の水をリサイクルできる

・太陽と同じ時間だけLEDを照らすから野菜にとって無理がない

不自然な気がしますが…

食糧不足で悩んでいる地区にとっては朗報かもしれない

農業にはたくさんの水が必要だから98%も使用する水を再利用できるならエコかもしれない

などなど、いい面もあるのかもしれないと思った。

だけど、汗をかいてたくさんの人で農業することはとても尊いことじゃないかしら。

50%人件費を削減したら、削減された人たちは何をすることになるのだろう。

天然のおひさまを浴びた野菜は栄養価が高いと聞いているけど、製造されたレタスはからだにどんな効果があるのだろう。

クリーンにつくられたものかもしれないけれど、人工物と感じてしまう。

批判するのはいけないと思いつつも、不自然さを感じずにはいられない。

でも結局は自分がどうやって作られたもの(育てられたもの)を食べたいかということが大事だ。

とりみぎ菜園の記録

IMG_3750おとうさんに耕してもらって、種をまいて

mamemame (1)ひょっこり芽が出て、

mamemame (2)双葉が出てきて、

mamemame (3)葉っぱが増えて、

mamemame (5)実る

お天道さまとともにある生活。憧れ。

----- ----- ----- ----- -----

ジャックジャクチョウ、瀬戸内寂聴さんのお言葉

■8/5のありがたきお言葉

恋愛は成就しなくても恋愛の苦悩を味わえたことが幸せなのです。

■8/12のありがたきお言葉

人間が一番偉いという思い込みは捨てましょう。人間は恐ろしい生き物です。おごりはいけません。

■8/13のありがたきお言葉

1日1回は心のそこから笑いましょう。元気の秘訣です。

■8/17のありがたきお言葉

先のことを心配していてもキリがありません。今を幸せに生きる努力をしましょう。

ちゃんちゃん

(月~木ようの朝J-WAVE別所さんの「トーキョーモーニングレディオ(TMR)」で放送中!)

----- ----- ----- ----- -----